news

トヨタ子会社、ウーブン・プラネット・ホールディングスが次世代道路情報解析に強みを持つ米国 CARMERA, Inc.を買収

トヨタ自動車株式会社の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社は、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析に強みを持つ、CARMERA, Incの買収に合意しました。
発表資料はこちら

CARMERA, Incは、車両のクラウドソーシングとリモートセンシングを利用して、ストリートレベルの変化を世界的な広さと高解像度で捉えるサービスを提供する企業で、オープンシステムアプローチを採用し、世界の主な自動車会社、商用モビリティ事業者および地図生成プラットフォームと連携しています。
詳細はこちら

今回の買収の仕掛人であるウーブン・プラネット・グループは買収完了後、事業会社であるウーブン・アルファ株式会社の自動地図生成プラットフォームチームと協働し、オープンソフトウェアプラットフォームのAreneやWoven Cityなどの革新的なプロジェクトを進め、安全で快適な自動運転を実現するために重要な高精度地図の生成や更新、提供を行っていくとの事です。
これまでの地図はゼンリン社の様な地図製作会社が国土地理院の情報を基に生成・更新してきましたが、Googleをはじめ、テック企業が様々な技術を用い、地図を生成・更新し始めております。
※直近ではGoogleMapsがゼンリン社の地図を利用せず、衛星情報やプローブなどの様々なソースから地図を生成・提供した事が記憶に新しく残っています。
今回のトヨタ自動車株式会社の子会社「ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社」の動きも正にそういった流れのひとつと言えます。
これまでの人を中心とした地図更新と自動生成といった新たな地図生成がどういった折り合いをつけていくのか、今後も注目です。

Related post

  1. ベトナムへの定期便は全日空は2月末まで/日本航空は1月末まで運休継続

  2. ベトナムビザの30日ルール廃止など、改正案に国会は概ね合意

  3. 現地開発よりも「派遣」を望む日本企業

  4. 「外国人技能実習制度 違反企業マップ」 というのがリリース

  5. Mapboxとソフトバンクが合弁会社を設立

  6. ベトナムの医療機関に医療品の寄付を行いました。

PAGE TOP