news

ベトナムから見た「日本の真価」

国民性、企業進出、貨幣差異、経済成長を勘案し、日本という国にチャンスを感じ、来日者が増加する傾向にもあります。将来的な経済連携を見据えた国家レベルの戦略ともいえます。ただ単に日本が好きというわけではなく、このような歴史的、経済的背景も存在しているのが実態であります。

ベトナムの若手は既に売り手市場

ベトナムの若手は、完全なる売り手市場といえると思います。ベトナム現地の大学は、文系、理系問わず、欧米豪から注目を浴びています。特にベトナムの若手エンジニア、ワーカーへは破格のラブコールが届きます。少し前までは、留学も就労も「日本、韓国プラスα」という選択肢だったのですが、ベトナムの若手は優秀な人が多いことが世界中に注目され、さまざまな選択肢が生まれています。

同時に、日本の人気に陰りが出始めたのも事実であり、ダブルのマイナスインパクトがあります。

続きはリンク先をご参照ください。
ソース:http://shogyokai.jp/articles/-/1772

Related post

  1. 第4次産業革命、ベトナムと日本のIT協力拡大へ

  2. 「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

  3. 現地開発よりも「派遣」を望む日本企業

  4. ベトナム郵政総公社、デジタル地図「Vマップ」の運用を開始

  5. 日本とベトナム、在留資格「特定技能」で協力覚書

  6. 西菱電機株式会社,ベトナムで位置情報サービスの提供を開始

PAGE TOP