news

ベトナムの2019年GDPは前年比7.0%に

 ベトナム統計総局は12月27日、2019年の実質GDP成長率(推計値)を前年比7.0%と発表した。政府の目標値6.6~6.8%を上回り、前年に続いて7%台の高成長を維持した。

四半期別の成長率は、第1四半期6.8%、第2四半期6.7%、第3四半期7.5%、第4四半期(推計値)7.0%だった。産業別では、農林水産業が2.0%(前年比1.8ポイント減)、鉱工業・建設業が前年と同じ8.9%、サービス業が7.3%(0.3ポイント増)となった。

 農林水産業は、干ばつや異常気象、ASF(アフリカ豚コレラ)感染拡大などによる損害が影響した。鉱工業・建設業の中では、製造業が11.3%で成長を牽引したが、2017年(14.5%)と2018年(13.0%)と比べると成長率は鈍化した。

 2020年のGDP成長率の目標は6.8%に定められているが(2019年12月9日記事参照)、統計総局のグエン・ビック・ラム局長は「経済成長の大きな役割を担う製造業が直近3年間で最も低い成長率となり、2019年第4四半期に特に落ち込んだ」と述べ、2020年以降も同じ傾向が続くのではないか、と懸念する。

続きはhttps://www.jetro.go.jp/biznews/2020/01/85734062c3577ea8.htmlから

Related post

  1. ホーチミン市 10月1日よりロックダウンを一部緩和

  2. Leopard The Lunar New Year  - minhquanfoto / Pixabay

    2024年のテト休暇は2月8日(木)~14日(水)までです。

  3. ホーチミン市ロックダウン:9月16日以降も継続

  4. ベトナム ダナン市の社会隔離措置が延長へ

  5. ベトナムの最低賃金引き上げ、都市部は+5.7%

  6. 8月23日からホーチミン市のロックダウンを更に強化

PAGE TOP