news

全日空とJALがベトナム行きの特別便運航スケジュールを発表

 新型コロナウイルス感染症に伴う日本からベトナムへの定期路線は運休を継続していますが、特別便をリクエストにより運行しております。
 特別便は、ベトナム政府の指示により日本国籍を含む外国人が対象で、帰国するベトナム人は搭乗不可(首相府承認などの特例、日本国籍を含む外国人専門家・投資家・高技能労働者などの家族を除く)。
 運行条件としてはリクエスト締め切り日までに10人以上のリクエストがあった場合、交通運輸省傘下ベトナム航空局からの着陸許可取得を前提に特別便を運航することになります。
 特別便のリクエストは全日空・JALともにベトナムの各支店への問合せとなります。各社の詳細は以下のリンクからご確認ください。
 ・JAL特別便運航についての案内
 ・全日空特別便運航についてのお知らせ(2月まで)
 ・全日空特別便運航についてのお知らせ(3月まで)
 
 ・・・ただ、これまでにも記載した様にビジネストラックによる往来条件は非常に厳しく(ビジネストラックの内容)、短期的な用件では事実上訪越出来ない状態が続いています。

緊急事態宣言が発出されている今、訪越どころでは正直ありませんね…

Related post

  1. 「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

  2. 全日空と日本航空はベトナムへの定期便を10月末まで運休継続

  3. 8月23日からホーチミン市のロックダウンを更に強化

  4. ベトナムの医療機関に医療品の寄付を行いました。

  5. ベトナムでもIT業界の人材不足が深刻化、20年は10万人不足

  6. ベトナム政府 査証発給を停止へ

PAGE TOP