位置情報

地図のデフォルトカラー変更とマップスタイルの移行

Googleより、Google Maps Platformのデフォルトの地図色が更新されると正式に発表がありました。

以前の記事でも地図のデフォルト色が変更された事を掲載(その時点では正式アナウンスは無く)しましたが、Google社より正式にアナウンスがされました。

これまではコンシュマー向けのGoogleMapsだけでしたが、2024年5月から2025年3月18日にかけてGoogleMapsPlatformのデフォルト色が変更されます。
また、Maps SDK for Android/iOS の現在のデフォールト色も2025年3月18日に廃止されまるとの事です。
詳細はこちらから
現在、ブラウザで使われている色設定がアプリも含め、来年にかけて切替っていくようです。
慣れると思いますが…

また、デフォルトの色設定とは別にマップスタイルについても2025年3月18日以降に旧バージョンの廃止と新バージョンへの移行が発表されました。
最も気になるポイントとして、
・従来通りのマップスタイルを利用した場合どうなるか?
だと思いますが、安心して下さい。自動的に移行されるそうです。
但し、細かいポイントで移行されないケースも考えられるので、早めに下記を参照に移行する事をオススメします。
次世代のクラウドベースのマップスタイルを移行する方法

Related post

  1. cloud-based maps stylingの使い方(導入編)

  2. 企画開発中のサービスで東京都の七福神巡りを紹介

  3. GoogleMapsの様々な機能をカンタンに試して組込める【GMPソリ…

  4. GoogleCloud Next ’23にてGoogleM…

  5. GMP Maps SDKのiOS12サポート廃止

  6. UPDATE

    JavaScript API v3.39のリリースについて

PAGE TOP