オフショア 基本情報一覧

経済成長著しいベトナムでの生活

インドシナ半島の東部に位置するベトナムは、中国・ラオス・カンボジアと国境を接している国です。日本との時差は2時間(日本時間マイナス2時間)、ベトナム南部の都市・ホーチミンまでは直行便で約6時間の距離です。

南北に長い国土のため、首都・ハノイのある北部は温帯性気候、ビジネスの中心地・ホーチミンのある南部は熱帯性気候と、気候帯が異なります。一番暑い時期は、南北ともに30度前後となります。一番寒い時期は、北部で17度前後、南部で27度と、特に南部は年間を通じて比較的気温が高くなっています。

世界有数の面積を誇るデルタ地帯を持つベトナムにとって、台風や集中豪雨に伴う水害は、常に隣り合わせの自然災害です。地震や近隣諸国で発生した地震による津波の影響を受ける可能性もあるため、自然災害への備えが必要な国と言えます。

続きはリンク先をご参照ください。
ソース:https://yanusy.com/oversea/detail/id=1265

Related post

  1. オフショア開発における消費税の扱い

  2. ベトナムの2020年のGDP成長率目標を6.8%に

  3. ベトナムの最低賃金引き上げ、都市部は+5.7%

  4. ベトナムの2019年GDPは前年比7.0%に

PAGE TOP