news

西菱電機株式会社,ベトナムで位置情報サービスの提供を開始

 IT/IoTのシステム開発を手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、2019年10月2日より、ベトナムで位置情報サービス「MAP」のサービスを開始しました。位置情報サービス「MAP」を利用することで、管理者は、専用のスマートフォンアプリを利用しているユーザーの現在地や移動履歴をウェブで閲覧できるようになります。言語は、ベトナム語、日本語、英語の3カ国語に対応しているので、ローカルスタッフも母国語でストレスなく利用できる。

続きはリンク先をご参照ください。
ソース:http://www.seiryodenki.co.jp/news/product/2019/1002100000.html

Related post

  1. YOLP Web APIにおける一部API・SDKの提供終了

  2. 急成長するベトナムスタートアップに日本企業からの投資

  3. 3/22より全外国人のベトナム入国停止

  4. ベトナムから見た「日本の真価」

  5. 現地開発よりも「派遣」を望む日本企業

  6. ベトナムの最低賃金引き上げ、都市部は+5.7%

PAGE TOP