news

Leopard The Lunar New Year  - minhquanfoto / Pixabay

2021年のテトは2月10日(水)~2月16日(火)です

今年もあと少しとなりました・・・今年はコロナというこれまでにない災いが降りかかってきました。
ベトナムも大きな影響を受け、現在に至っても観光の往来は許されてはおりません。
ベトナムの開発現場は準備をしていたテレワークの効果もあり、お客様へご迷惑を掛けずに済んだことが最大の成果ではありましたが、1日も早くFaceToFaceのコミュニケーションがとれる様になる事を願って止みません・・・
 ・・・さて、年末が近づいてくると否が応でも日本とベトナムの違いを感じる事になります。
それは【テト】です。
テトとは旧暦のお正月の事で、日本に比べ休みの少ないベトナム人にとって、実家に帰ったり旅行に出掛けたりする最大のチャンスであり、ベトナム最大のビックイベントとも言えます。
そこは良いのですが、厄介なのが旧暦の為、毎年日付が変わる事です。
そして今年は・・・

2月10日(水)~2月16日(火)が2021年のテト

となります。
当然ですが日本の年末年始に仕事が動かない様に、この期間は開発の仕事が全く動かなくなるので事前の調整や連絡体制の構築がとても重要になります。
逆に言えば、日本の年末年始は1月1日を除いて稼働しており、この年末年始にキチンとタスクを割り振っていくと、問題が無ければ年末年始の間に開発が進むことになります。
この年末年始のタスク割り振りとテトの時に開発がストップする事をお客様にご理解頂く事がベトナムオフショア開発を請負う我々にとって非常に重要なタスクとなります。(ベトナムのオフショア開発に慣れていない場合、日本の年末年始に業務が進むのはラッキーで、テトに仕事が止まる事を理解するのがなかなか難しいのです…)

長文となりましたが、2021年のテトは2月10日(水)~2月16日(火)となりますので、皆様宜しくお願いいたします!

では、激動の2020年も残り僅かとなりましたが、皆様ご自愛専一にてお過ごしください。
2021年が皆様にとって良い年になる事を願っております!

Related post

  1. ホーチミン市 10月1日よりロックダウンを一部緩和

  2. ベトナム政府 査証発給を停止へ

  3. 現地開発よりも「派遣」を望む日本企業

  4. ヨーロッパでもベトナムITリソースを活用

  5. 西菱電機株式会社,ベトナムで位置情報サービスの提供を開始

  6. Google Maps “Route Optimizati…

PAGE TOP