news

Google Maps API がIE11のサポートを2022年8月に廃止予定

GoogleがInternet Explorerの最終バージョン[IE11]のサポートを段階的に廃止する事を発表しました。
詳細はこちら:Google Maps Platform support for Internet Explorer 11 will end in August 2022

これはIE11がMicrosoftおよびWebコミュニティから終了するに従っての対応で、EmbedAPIおよびJavaScript APIは、次のスケジュールで廃止する予定だそうです。

■Maps JavaScript API

  • 2021年8月中旬頃~(予定)
    JavaScript API バージョン 3.46以降でIE11のユーザに対して以下のアラートが表示されます。
    “You are using a browser that is not supported by the Google Maps
    JavaScript API. Please consider changing your browser.”
  • 2022年2月中旬~(予定)
    JavaScript API バージョン 3.48以降でInternet Explorerブラウザでは使用できなくなります。
  • 2022年8月~(JavaScript API バージョン 3.47の廃止後)
    すべてのJavaScript APIバージョンにおいてIE11の使用はできなくなります。

■Embed API

  • 2021年8月~
    JavaScript APIと同じアラートが表示されます。
  • 2022年8月以降
    (JavaScript API バージョン 3.47の廃止と同じタイミング):IEブラウザでは表示できなくなります。

IEはプリインストールされているブラウザという事もあり、業務を中心に利用している方が多くいらっしゃいます。
いきなり、英語のmsgが表示されるとビックリするかもしれませんね。
IEをご利用されている方はご注意願います。

Related post

  1. 全日空とJALがベトナム行きの特別便運航スケジュールを発表

  2. コロナウィルスの影響によるベトナム出張中止とベトナム現地の状況

  3. UPDATE

    GoogleMaps JavaScript API v3.40のリリー…

  4. MAPBOX NAVIGATION SDK Ver10がパブリックプレ…

  5. ベトナムの宅配市場が急成長

  6. Google Mapsカスタマイズ機能のベータ版を発表

PAGE TOP