news

Google Maps API がIE11のサポートを2022年8月に廃止予定

GoogleがInternet Explorerの最終バージョン[IE11]のサポートを段階的に廃止する事を発表しました。
詳細はこちら:Google Maps Platform support for Internet Explorer 11 will end in August 2022

これはIE11がMicrosoftおよびWebコミュニティから終了するに従っての対応で、EmbedAPIおよびJavaScript APIは、次のスケジュールで廃止する予定だそうです。

■Maps JavaScript API

  • 2021年8月中旬頃~(予定)
    JavaScript API バージョン 3.46以降でIE11のユーザに対して以下のアラートが表示されます。
    “You are using a browser that is not supported by the Google Maps
    JavaScript API. Please consider changing your browser.”
  • 2022年2月中旬~(予定)
    JavaScript API バージョン 3.48以降でInternet Explorerブラウザでは使用できなくなります。
  • 2022年8月~(JavaScript API バージョン 3.47の廃止後)
    すべてのJavaScript APIバージョンにおいてIE11の使用はできなくなります。

■Embed API

  • 2021年8月~
    JavaScript APIと同じアラートが表示されます。
  • 2022年8月以降
    (JavaScript API バージョン 3.47の廃止と同じタイミング):IEブラウザでは表示できなくなります。

IEはプリインストールされているブラウザという事もあり、業務を中心に利用している方が多くいらっしゃいます。
いきなり、英語のmsgが表示されるとビックリするかもしれませんね。
IEをご利用されている方はご注意願います。

Related post

  1. 急成長するベトナムスタートアップに日本企業からの投資

  2. ベトナムでのCOVID-19感染者が増加中

  3. 8月23日からホーチミン市のロックダウンを更に強化

  4. MAPBOXのサテライト画像改良版がリリース

  5. UPDATE

    JavaScript API v3.35 がリリースされます

  6. MAPBOX NAVIGATION SDK Ver10がパブリックプレ…

PAGE TOP