位置情報

Google Maps Platform Routes API正式版が2023年3月8日に一般公開

2022年9月に発表されたGoogle Maps Platform Routes APIのプレビュー版が、3月8日に正式版としてリリースされました。
Googleブログの情報によるとRoutes APIは Directions API と Distance Matrix API の拡張バージョンであり、両APIを1つのサービスに統合することで、より有益で柔軟なルートをユーザーに提供できるようになります。

なお、Routes APIは以下の機能を提供しています。

  • 二輪車(オートバイ)用ルート(※日本未対応)

  • ルートの費用をより正確に算出するための通行料金データ(※日本未対応)

  • ルートの各区間のリアルタイムの交通情報

  • 地点に通過地点と停止地点のいずれかを選択可能

  • レイテンシを低減するためのきめ細かいコントロール

  • 環境に優しいルート選択(年内に提供開始予定)

・・・通行料金データについては日本でも要望が強いと思われますが、ETCによる割引計算が複雑でネックになっているんでしょうね。
早期の導入が期待されます。

【リリースノート】
https://developers.google.com/maps/documentation/routes/release-notes
【利用料金】
利用料金についてはBasic, AdvancedとPreferredといった3つのモードがあります。
それぞれのモードの条件と単価について以下の資料をご確認ください。
https://developers.google.com/maps/documentation/routes/usage-and-billing

Related post

  1. Google Maps API がIE11のサポートを2022年8月に…

  2. 新しいGoogleMapsのデザインに慣れない?!地図デザインを以前の…

  3. Google Maps “Route Optimizati…

  4. Google Maps Platformで行政区域が表示できる様にプレ…

  5. UPDATE

    JavaScript API v3.35 がリリースされます

  6. cloud-based maps stylingの使い方(導入編)

PAGE TOP