news

GoogleMaps API JavaScript API v3.51のリリースおよびv3.47の廃止について

11月14日の週にJavaScript API v3.51がリリースされるとGoogleが発表しました。
同時にバージョンv3.50がquarterly バージョン(安定版)になります。

v3.50の主な変更は以下のポイントです。

  • Placeライブラリにlanguageのパラメーターを導入する
  • コンテンツ セキュリティ ポリシー(CSP)設定でgoogleapis.comドメインのないWeb サイトに対してJS APIストリートビューのサポートを排除する
  • Advanced Markers(プリビュー版)を導入する

また、バージョンv3.51のリリースと同時にv3.47が利用できなくなります。
v3.47はInternet Explorer 11(EdgeのIEモードを含む)をサポートする最後のバージョンです。
これによってGoogle Maps PlatformではIE11は完全にサポートされなくなりますのでご注意ください。

サポートブラウザについては以下の資料に掲載されています。
https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/browsersupport

Related post

  1. 企画開発中のサービスで東京都の七福神巡りを紹介

  2. GoogleCloud Next ’23にてGoogleM…

  3. YOLP Web APIにおける一部API・SDKの提供終了

  4. ベトナムの医療機関に医療品の寄付を行いました。

  5. ベトナム政府 査証発給を停止へ

  6. UPDATE

    JavaScript API v3.38のリリースについて

PAGE TOP