news

GoogleMaps API JavaScript API v3.51のリリースおよびv3.47の廃止について

11月14日の週にJavaScript API v3.51がリリースされるとGoogleが発表しました。
同時にバージョンv3.50がquarterly バージョン(安定版)になります。

v3.50の主な変更は以下のポイントです。

  • Placeライブラリにlanguageのパラメーターを導入する
  • コンテンツ セキュリティ ポリシー(CSP)設定でgoogleapis.comドメインのないWeb サイトに対してJS APIストリートビューのサポートを排除する
  • Advanced Markers(プリビュー版)を導入する

また、バージョンv3.51のリリースと同時にv3.47が利用できなくなります。
v3.47はInternet Explorer 11(EdgeのIEモードを含む)をサポートする最後のバージョンです。
これによってGoogle Maps PlatformではIE11は完全にサポートされなくなりますのでご注意ください。

サポートブラウザについては以下の資料に掲載されています。
https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/browsersupport

Related post

  1. 日本とベトナム、在留資格「特定技能」で協力覚書

  2. ホーチミン市ロックダウン:9月16日以降も継続

  3. Google Maps Platform Routes API正式版が…

  4. 「外国人技能実習制度 違反企業マップ」 というのがリリース

  5. 企画開発中のサービスで東京都の七福神巡りを紹介

  6. ホーチミン市におけるCovid-19の抑制措置の強化(ホーチミン市版&…

PAGE TOP