オフショア開発

オフショア開発単価トップページ

オフショア開発の単価相場を知って適正な見積もりを引き出そう

開発コストが安いということでオフショア開発の見積もりを依頼したものの、「提出された見積もりが、それほど安くない」・「日本の開発コストより高くなっている」といった意見を相談されることがあります。

オフショア開発のメリットとして挙げられるものに開発コストの安さがあります。開発コストが高くなってしまっては、オフショア開発に業務委託する意味がありません。開発費が安いはずのオフショア開発が、どうして上記のようにコストが高くなってしまうのでしょうか?そこで、今回はオフショア開発のコンシェルジュの視点から、オフショア開発にかかるコストの内訳や外せない項目について紹介していきます。オフショア開発に必要なことを知り、適正な見積もりを引き出しましょう。

オフショア開発の人件費は格段に安い!!

オフショア開発で雇うエンジニア等は、およそ日本の1/2~1/5の人件費しかかかりません。日本と比べると物価が安いので、人件費も安くなるのは当然といえるでしょう。一般的な日本人エンジニアの人件費を70万円とすると、オフショア開発先のエンジニアの人件費は以下のようになります。

  • 中国:35万円
  • インド:30万円
  • ベトナム:25万円
  • フィリピン:20万円
  • ミャンマー:15万円

また、中国の沿岸部のように物価が高くなっている都市でなく、開発中の内陸部ではさらに人件費は安くなります。同じくにでも拠点がどこになるかで多少人件費の高低はでてくるので、見積もりを依頼する際にはどこの国のどこ都市にある会社と提携することになるかは押さえておきましょう。では、日本と比べると人件費が格段に安いはずなのに、どうして開発コストが高くなってしまう場合が出てくるのでしょうか?

開発コストが高くなる理由:ブリッジシステムエンジニア、コミュニケーター人件費の上乗せ

オフショア開発人件費2

オフショア開発に必要な、ブリッジ・システムエンジニア(以下、ブリッジSE)やコミュニケーターの人件費がかかることを知っておきましょう。ブリッジSEとは、日本でシステムエンジニアとしての勤務経験があるエンジニアのことです。日本からの依頼を現地のオフショア開発会社に仲介する役割を担います。コミュニケーターとは、日本語で書かれたシステム関連の内容を現地語に直す翻訳者のことです。ブリッジSEだけで対応できない時に雇う場合があり、ブリッジSEの補助をすることもあります。このブリッジSEとコミュニケーターにかかる人件費はオフショア開発特有のもので、その分開発コストが高まる原因となります。ただ、この2つの役割はオフショア開発で必要なものになるので、単純にコスト削減を目的にブリッジSEやコミュニケーターをカットすることはやめましょう。

開発コストが高くなるケース

小規模なチームでのオフショア開発は、人件費の安さという最大のメリットを生かすことは難しいでしょう。2人のエンジニアを抱えて2ヶ月かかるシステム開発業務を委託したとします。日本で委託した場合、必要な開発費は以下の通りです。

日本で開発した場合

では、オフショア開発で委託する場合どうなるでしょうか?オフショア開発では人件費が高い方である中国で考えて見ましょう。(※他の国は、コスト開発費はより安くなります。)

オフショア開発で委託した場合

日本と中国でオフショア開発した場合、たった50万円しかちがいません。この50万円という差を多いと見るか少ないと見るかは会社によって違うでしょう。しかし、オフショア開発のコンシェルジュから見ると少ないように感じます。オフショア開発はできたクオリティが悪くて再度やり直してということやブリッジSEだけで対応できなくて余分にコミュニケーターを雇うというコストが高まるリスクを抱えているからです。50万円の差が出ると思っていたのに、必要な業務が増えて気付いたら日本で委託するのとあまり変わらないということが起こるのはこのためです。思っていた以上に業務が増える可能性があることは覚えておきましょう。日本で委託するのと比べて利益の幅が少なく、業務が増える可能性があるため、小規模で期間が短いプロジェクトの場合、オフショア開発に業務委託することはオススメできません。

開発コストが抑えられるケース

 

日本で委託した場合2

では、オフショア開発で委託する場合を見ていきましょう。

オフショア開発で委託し場合2

日本で委託した場合と比べると、およそ300万円近くコストの削減が可能となります。大規模で期間が長くなるようなプロジェクトはなかなかあるものではありませんが、その場合オフショア開発に委託するメリットは非常にあります。期間がさらに伸びたり、より多くのエンジニアを雇う場合、オフショア開発によるコスト削減はさらに多くなっていきます。また、中国の場合で計算しているので、さらに人件費が安く、エンジニアの質がいいベトナムに業務委託をすれば、大幅なコストの削減が見込めます。

「オフショア開発の単価相場を知って適正な見積もりを引き出そうの」まとめ

オフショア開発の単価相場について以下の内容でお話してきました。

  1. オフショア開発の人件費は格段に安い!!
  2. 開発コストが高くなる理由 ブリッジシステムエンジニア、コミュニケーター人件費の上乗せ
  3. 開発コストが高くなるケース
  4. 開発コストが抑えられるケース

国内で委託するのか、オフショア開発で委託するのかが理解できたのではないでしょうか。オフショア開発で委託する場合、今回お話した内容を参考に適正な見積もりを引き出すようにしましょう。

 

Related post

  1. オフショア開発の成功例・失敗例トップ画像

    オフショア開発の成功・失敗例から学ぼう

  2. オフショア開発で注目が集まる国ベトナムページトップ画像

    【システム開発担当者必見】オフショア開発のメリット・デメリットまとめ

  3. オフショア開発に関する専門用語集

  4. オフショア開発における課題やリスクを事前に把握しようページトップ画像

    オフショア開発における課題やリスクを事前に把握しよう

  5. オフショア開発で注目が集まる国ベトナムページトップ

    オフショア開発で注目が集まる国ベトナム

  6. オフショア開発とはページトップ画像

    【アプリ・Web開発関連会社必見】オフショア開発とは!?

PAGE TOP