news

パイオニア株式会社がインクリメント・ピー株式会社を譲渡

株式会社ゼンリンと並び日本の地図業界を牽引してきたパイオニア株式会社の連結子会社「インクリメント・ピー株式会社」(以降:IPC)が投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループへ売却されました。
発表資料はこちら

IPCはパイオニアのカーナビにおけるデジタル地図の作成や「MapFan」ブランドでのインターネット上での地図配信サービスなどデジタル地図業界では独自のポジションを確立していました。
社外カーナビはスマートフォン全盛という事もあり、なかなか厳しい状況である事は間違いありませんが、Apple社への地図データ提供など、現在においても多方面に影響のある会社です。

投資ファンドという事で、今後事業再生を実施していくのでしょうが、どういった事になるのかなかかなか眼が離せない展開となっております。

■関連リンク:
インクリメント・ピー株式会社
ポラリス・キャピタル・グループ株式会社
ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 発表資料

Related post

  1. ベトナムからの労働者派遣は日本が最大の受入先

  2. 全日空と日本航空はベトナムへの定期便を10月末まで運休継続

  3. ベトナムの2019年GDPは前年比7.0%に

  4. 4/4 15時の外出自粛下でのHCMC:3

    自己隔離(外出規制)下でのホーチミンの現状:グラブも停止中

  5. ヨーロッパでもベトナムITリソースを活用

  6. トヨタ子会社、ウーブン・プラネット・ホールディングスが次世代道路情報解…

PAGE TOP