news

ベトナム 短期出張者、14日間の隔離措置免除の方針(JETRO)

ベトナム保健省は8月31日付の公文書4674/BYT-MTにおいて、ベトナムに入国する14日間未満の外国人短期出張者(以下、短期出張者)の入国に関するガイドラインを出し、14日間の隔離措置を免除する方針を示した。詳細はこちら

以下、抜粋となります。

 短期出張者とは、投資家、専門家、高技能労働者、経営者、各国と合意した対象者、外交目的のため入国する訪問者などと規定される。短期出張者はベトナムに入国する3日から5日前までにPCR検査を受け、陰性であることが求められる。また、滞在期間中は2日に1回のペースでPCR検査を受ける必要がある。万が一、PCR検査で陽性となった場合、その治療費については、国際医療保険または招聘(しょうへい)企業などが責任をもって支払うこととされる。

加えて、入国前に安全を確保するための行動計画を立てる必要があり、入国後の具体的なスケジュール、宿泊施設、輸送手段、連絡先などを当局に報告し、事前に許可を取得する必要がある。入国後の行動についても必要最低限とされ、入国後の行動は用務に限られ、事前に提出した行動計画に従わなければならない。また、入国前においてはオンライン医療申告外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますの実施を、滞在中においては感染者追跡を目的とするブルーソーン(Bluezone)と呼ばれるアプリを使用することが義務付けられる。

その他、短期出張者と接触した人のうち、発熱やせき、喉の痛みなどの症状が出た場合は、保健当局に報告し、自身で健康状態をモニタリングする必要があるとしている(注)。

14日間という隔離処置は訪越の大きな障害となっていましたが・・・

  1. 対象者は従来通り、投資家・専門家・高技能労働者・経営者・各国と合意した対象者
  2. ベトナムに入国する3日から5日前までにPCR検査を受け、陰性である事
  3. 滞在期間中は2日に1回のペースでPCR検査を受ける
  4. 入国後の具体的なスケジュール、宿泊施設、輸送手段、連絡先などを当局に報告し、事前に許可を取得する必要がある
  5. 滞在中においては感染者追跡を目的とするブルーソーン(Bluezone)と呼ばれるアプリの使用義務

・・・従来より緩和されたとはいえ、非常に厳しい内容となっております。
秋口には緩和されるかと思っていましたが、年内の訪越は厳しい感じですね・・・

Related post

  1. 現地開発よりも「派遣」を望む日本企業

  2. 全日空 ベトナムへの定期便は8月末まで運休

  3. 続・コロナウィルスの影響:ベトナム現地情報

  4. ベトナム ダナン市が再び社会隔離措置へ

  5. Cloud Nine Solutionsがベトナム・ダラットに支店を開…

  6. 4/4 15時の外出自粛下でのHCMC:3

    自己隔離(外出規制)下でのホーチミンの現状:グラブも停止中

PAGE TOP