news

急成長するベトナムスタートアップに日本企業からの投資

急成長するベトナムのスタートアップ市場で、2019年の外国投資家による5大投資案件の合計金額が同年1~10月のスタートアップの投資額(7億5,000万ドル)比で約85%に相当すると、1月25日付「ベトナムネット」が報じた。2018年の投資額は8億8,900万ドル(92件)だった。

同報道によると、2019年の外国投資家による5大投資案件の概要は次のとおり。

  1. 電子商取引(EC)サイト「Sendo」がシリーズC〔注〕で6,100万ドル獲得。従来のSBIグループ(SBIホールディングス)、BEENOS(東京都)、ソフトバンク投資子会社のソフトバンク・ベンチャーズ・アジア(シンガポール)、大和PIパートナーズ(東京都)、デジタルガレージ(東京都)のほか、EV Growth(インドネシア)、カシコン銀行(タイ)の新たな投資家2社が加わった。
  2. ECサイト「Tiki」がノーススター・グループ(シンガポール)から7,500万ドルを調達。
  3. ザオハンニャンとアハムーブのホールディングカンパニーの物流サービス「Scommerce」がシンガポール政府系投資ファンドのテマセク・ホールディングスから1億ドルを獲得。
  4. 電子決済サービス「Momo」がシリーズCでウォーバーグ・ピンカスから1億ドル獲得。
  5. 電子決済サービス「VNPay」がソフトバンクとGIC(シンガポール)から2019年国内最高額となる合計3億ドルを獲得。

続きはhttps://www.jetro.go.jp/biznews/2020/02/685d4a0d1574ccf2.html

Related post

  1. ベトナムの医療機関に医療品の寄付を行いました。

  2. 4/4 15時の外出自粛下でのHCMC:3

    自己隔離(外出規制)下でのホーチミンの現状:グラブも停止中

  3. ベトナムでのCOVID-19感染者が増加中

  4. ホーチミン市におけるCovid-19の抑制措置の強化(ホーチミン市版&…

  5. ベトナム 23日から自己隔離措置の緩和

  6. Mapboxとソフトバンクが合弁会社を設立

PAGE TOP