位置情報

Mapbox 2020年5月更新情報

主な内容はAPIバージョンアップ情報及びCOVID-19の救済に役立つ地図アプリの紹介になります。また、Vision SDK v0.12.0では交通標識の認識国に日本が追加されたようです。

APIバージョンアップ

  • Mapbox GL GS v1.10.0
    • mapboxgl.prewarm() および mapboxgl.clearPrewarmedResources() メソッドを追加して、開発者がマップのロード時間を最適化できるようにします
    • プラグインURLをロードできなかった場合、RTLテキストプラグインステータスを正しく設定します。 これにより、開発者はプラグインをロードするときにネットワークエラーが発生した場合に再試行ロジックを追加できます
    • デスクトップおよびモバイルでのジェスチャー処理が大幅にリファクタリングおよび改善されています。
    • その他の改善点やバグ対応についてリリースノートを参照ください。
  • Maps SDK for iOS v5.9.0
    • 評価されたフィーチャとNSExpressionフォーマット文字列の一部として指定するポリライン、ポリゴンなどとの間の最短距離を計算するための mgl_distanceFrom 関数が追加されました
    • 中国語、日本語、韓国語(CJK)の文字は、スタイルJSONまたはMGLSymbolLayer.textFontNamesプロパティで指定されたフォントで設定されるようになりました。
    • オフライン地図のデータを含むデータベースのパスを取得するために、MGLOfflineStorage.databasePath プロパティとMGLOfflineStorage.databaseURL プロパティを追加しました。
    • その他の改善点やバグ対応についてリリースノートを参照ください。
  • Maps SDK for Android 9.2.0
    • 評価されたフィーチャと特定のGeoJSONオブジェクトの間の最短距離を計算する機能が追加されました。
    • 実行時にCircleLayerの機能の並べ替えキーを設定および取得するメソッドを追加しました。 ソートキーが高い機能は、ソートキーが低い機能の上に表示されます。
    • その他の改善点やバグ対応についてリリースノートを参照ください。
  • Vision SDK v0.12.0
    • 交通標識の認識対象国に日本が追加されました。
    • MLモデルが2種類になりました。1つは低消費電力チップセットでのパフォーマンスに最適化されたもの、もう1つはより高価な組み込みシステムでの品質に最適化されたものです。
      開発者は、解像度を2倍にするか、計算負荷を制限するかを選択できます。
    • 新しいレーン検出APIは、正規化された相対レーン位置、推定レーン幅(メートル単位)、レーン中心線の多項式推定、ホームレーンと隣接レーンの左右レーン境界の多項式推定を公開します。
      これらの改善などにより、全体的に車線検出品質が向上しています。
    • その他の改善点やバグ対応についてリリースノートを参照ください。

COVID-19の救済に役に立つ地図アプリの紹介

  • 代替医療サイトをマッピングして、ロサンゼルスの病院がモバイル医療ユニットでのケアとテストへのアクセスを増やすのを支援するサイト。詳細はこちらへどうぞ
  • オープンデータを使用して、COVID-19患者を治療する米国のすべての病院のベッド容量をマッピングするサイト。詳細はこちらへどうぞ
  • また、世界中の各国が移動制限を実施している今、モビリティが集団の健康リスクにどのように影響するかについて、大規模なリアルタイムの現実世界の分析が行われています。 Facebook、SafeGraph、Cuebiq、Google、Mapboxの集約されたモビリティデータ共有から何が生まれているかをご覧ください。詳細はこちらへどうぞ

Related post

  1. navi

    MapBoxナビゲーションの概要-Android

  2. Mapboxとソフトバンクが合弁会社を設立

  3. 安全警告-iOS

  4. 複数言語の対応

  5. MapBoxナビゲーションの概要-web

  6. Mapbox Vision SDK-Android

PAGE TOP