位置情報

Mapbox Directions-iOS

Mapboxのルート

ユーザーの位置を取得するのに、Route サービスを使用して、ルートを作成できる。 出発地、目的地の情報をコールバックに渡して、応答を処理する。 onResponse関数内では、方向情報のレスポンスに基づいて地図上にルートを描画したり、時間と距離を表示したりすることができる。

iOS

マップ上にルートを設定するには、出発地と目的地の2つポイントを送信する必要である。 その後、‘NavigationRouteOptionsクラスを使って、地図上に表示するルートを生成する。

東京駅(ロケーション:35.681461、139.766357)と新宿駅(35.690156、139.700413)間のルートを検索するために、下記のように行う。


1.	import MapboxDirections  
2.	import MapboxCoreNavigation  
3.	import MapboxNavigation  
4.	…  
5.	// Define two waypoints to travel between  
6.	let origin = Waypoint(coordinate: CLLocationCoordinate2D(latitude: 35.681461, longitude: -139.766357), name: "Tokyo Station")  
7.	let destination = Waypoint(coordinate: CLLocationCoordinate2D(latitude: 35.690156, longitude: 139.700413), name: "Shinjuku Station")  
8.	  
9.	// Set options  
10.	let options = NavigationRouteOptions(waypoints: [origin, destination])  
11.	  
12.	// Request a route using MapboxDirections.swift  
13.	Directions.shared.calculate(options) { (waypoints, routes, error) in  
14.	    guard let route = routes?.first else { return }  
15.	    // Pass the generated route to the the NavigationViewController  
16.	    let viewController = NavigationViewController(for: route)  
17.	    present(viewController, animated: true, completion: nil)  
18.	}  

Mapbox Directions

DirectionはMapboxナビゲーションの機能である。方向機能を簡単に実装できるようにサポートする。

iOS
方向機能を実装するには、ポイントリスト(開始点と終了点を含む)が必要である。 Mapbox NavigationでのDirectionsクラスを使用してルートを計算し、結果をMapbox SDK iOSから提供されるNaviagtionViewControllerに設定する。


1.	@IBAction func handleDirectionStartTouch(_ sender: Any) {  
2.	        let options = NavigationRouteOptions(coordinates: [self.mapViewModel.annotationOriginal!.coordinate, self.mapViewModel.annotationDestination!.coordinate])  
3.	          
4.	        Directions.shared.calculate(options) { (waypoints, routes, error) in  
5.	            guard let route = routes?.first, error == nil else {  
6.	                print(error!.localizedDescription)  
7.	                return  
8.	            }  
9.	              
10.	            // For demonstration purposes, simulate locations if the Simulate Navigation option is on.  
11.	            let navigationService = MapboxNavigationService(route: route, simulating: false ? .always : .onPoorGPS)  
12.	            let navigationOptions = NavigationOptions(navigationService: navigationService)  
13.	            let navigationViewController = NavigationViewController(for: route, options: navigationOptions)  
14.	            navigationViewController.mapView?.delegate = self  
15.	              
16.	            self.present(navigationViewController, animated: true, completion: nil)  
17.	        }  
18.	    }      

備考
デフォルトとしてNavigationViewController内の地図は道路ラベルをローカル言語で表示しますが、対象する場所のポイントがシステムの優先言語で表示されている。(その言語は、Mapbox Streets sourceがサポートされている8つの言語の中にある)。 ユーザーが設定、全般設定、及び言語と地域でシステムの優先言語を設定できる。
スタンドアロンのNavigationMapViewでは、道路ラベル、関心地点、場所などが現行のスタイルで言語を指定する。 (デフォルトのMapbox Navigation Guidance Day v2スタイルは英語を指定する。)NavigationViewController内のマップの動作を一致させるには、MGLMapViewDelegate.mapView(_:didFinishLoading:):
内からNavigationMapView.localizeLabels() メソッドを呼び出す。


1.	func mapView(_ mapView: MGLMapView, didFinishLoading style: MGLStyle) {  
2.	    if let mapView = mapView as? NavigationMapView {  
3.	        mapView.localizeLabels()  
4.	    }  
5.	}      

Related post

  1. 検索サービス

  2. レイヤの処理-Android

  3. ARナビゲーション-Android

  4. MapBoxナビゲーションの概要-web

  5. MapBoxの概要-Android

  6. Mapbox Vision SDK-iOS

PAGE TOP